食品生物科学専攻とは

 本専攻は、化学、生物学、物理学を基盤とし、ヒトを含む生命体における生命現象の解明を通じて、食品・食料に関わる諸問題の解決を目指しています。
 食品生命科学、食品健康科学、食品生産工学の3つの基幹講座(8分野)より構成され、食品、化学、製薬分野などで幅広く活躍できる人材の養成を行っています。
 食品生命科学講座では生命現象ならびに食品素材を化学・物理学的な観点から考究し、食品健康科学ではヒトと食品のかかわりを栄養・生理学的な観点から解明し、食品生産工学では化学工学や遺伝子工学的手法を導入した新たな食品開発の基盤を確立する基礎教育ならびに先端的研究を行っています。

topimg01.jpg topimg02.jpg topimg03.jpg

最新情報

大学院入試情報を更新しました。実施要項、大学院入試科目の説明と教科書情報を掲載しております。

食品生物科学専攻よる大学院入学試験説明会の予定を掲載しました。

(2020/11/13 本説明会は中止になりました。)

大学院入試 の実施要綱を更新しました。

2020年2月15日(土)12:30~16:30 農学研究科主催 2021年度大学院入学試験説明会 食品生物科学専攻 の実施要綱を掲載しました。


詳細情報

卒業後進路をアップデートしました。

各分野担当教員をアップデートしました。

一覧を見る